<< 自分と遊ぶ時間 | main | わくわくマルシェ「コトモノココカラ」in青森大学☆7月9日 >>

ひとり旅〜マインドフルネス〜

0

     

    訪問ありがとうございます。
    カラーセラピー、数秘術で青森県弘前市・青森市など中心に活動して13年。
    田舎館村にセッション&スクールサロンをかまえる「ワークスペース詩寿華」の田村静香です。
     

     

     

     

    ----------------------------------

    リクエストがありましたのでまとめてみました。

    少しずつまとめていきたいと思っています。

    ----------------------------

     

    先日掲載した「ひとり旅」のお話。

     

    わたしがひとり旅する理由を簡単に列挙しました。

     

    ・日常から離れる時間

    ・私が私と過ごす時間

    ・好きな時に好きなだけ瞑想する時間

    ・出来る限り時間や予定に縛られない時間

    ・デジタルがない時間

     

    この行動をすべての根源に「マインドフルネス」があります。

     

    マインドフルネス…耳にしたことありますか?

     

    「日常をありのままにとらえる」「そのままを受けとめる」ためのエクササイズといいましょうか…。

     

    このことを茂木 健一郎先生がPRESIDENT 2016年2月29日号にて

    マインドフルネスについてとっても好みの表現方法でお話しされていらっしゃったので一部ご紹介させてもらいます。

     

    ご興味のある方は全文を是非お読み下さい。 http://president.jp/articles/-/17486

    -------------------------------------------------------------

     

    「マインドフルネス」とは、簡潔に言えば「今、ここで起きていることを感じて、きちんと受け止めること」。しばしば、そのような能力を高めるための瞑想が注目され、「マインドフルネス」=「瞑想」というイメージもあるが、必ずしもそうではない。マインドフルネスは、もっと一般的な概念なのである。

    瞑想をするかどうかは別として、「今、ここ」で起こっていることをきちんと感じることは、大切であると同時に、案外難しい。

    「今、ここ」で起こっていることの中には、周囲の環境はもちろん、自分自身の気持ちも含まれる。さらには、向き合っている他の人の感情もその中に入る。

    自分の内外で起こっていることをきちんと受け止めなければ、大切な情報を見落としてしまうかもしれない。また、感情に無理な圧力がかかって、心のひずみが生まれるかもしれない。

    人間の脳が受け止める情報は、かけ流しの温泉のようにいつもあふれている「オーバーフロー」の状態にあって、もともと、そのすべてをきちんと認識することは不可能である。

    しかも、さまざまな思い込みや、固定観念があると、せっかく受け止めている情報も、見落としたり、適切に評価し損なってしまう。「今、ここ」で起こっていることをできるだけフラットに拾うことが大切なのだが、多くの場合それができない。

    「マインドフルネス」でしばしば強調される瞑想は、自分の呼吸の様子に注意を向けるなどして、「今、ここ」で起こっていることを感じることができるようにするための、1つのトレーニングである。

     

    http://president.jp/articles/-/17486

     

    ありのままを受け入れる「マインドフルネス」とは
    茂木 健一郎:世界一の発想法

    PRESIDENT 2016年2月29日号 引用

    ------------------------------------------------------------

     

    マインドフルネス…決して特別ではないことです。

    ましてやスピリチュアルなことでもありません。

     

    日常にはたくさんの情報が氾濫しています。

    自分の判断が鈍ることや周囲の流れに流されることが多くなってしまう毎日。

     

    たくさんの垢を落として、そのものをありのままに感じる、見ることができるように…。

    物事をニュートラルに捉えることができるように…。

     

    そんな思いがあり、たびたびひとり旅をさせていただきます。

     

    ブレない自分を保つために、記憶や観念の垢を落とす時間。

     

     

    自分の呼吸を感じ受けとめる。

     

    鳥の声が聞こえているということをそのまま受けとめる。

     

    風を感じるすべての感覚に集中し

    耳や皮膚…目以外で感じるすべてのものをありのままに感じる。

     

    マインドフルネス。

     

    ありのままでいるということは

    ありのままを受け取れる感覚が必要です。

     

    ありのままでいたいのであれば

    ありのままを受け止め受け入れて下さい。

     

    今のあなたがあなたを受け入れること

    今のあなたがありのままを受け入れること

    それがあなたが真にありのままでいることができる条件なのかもしれません。

     

    旅までは難しいなぁと思われる方も

    日常のほんの5分程度の時間さえあれば

    今を感じることができるはずです♪

     

    お試し下さい☆

     

     

     

    参考リンク

     

    NAVERまとめ「ストレスを軽減できるマインドフルネスとは」

     

    Googleが実践する「マインドフルネス」がいかに創造性を殺したかという記録

     

    ヒューマンウェルネスインスティテュート「マインドフルネスとは」

     


    家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 家 

    ワークスペース詩寿華  HPアドレス http://shizu-ka.net
    青森県南津軽郡田舎館村大字大根子字松森30-2《 地図
    10:00〜20:00/完全予約制 / 駐車場10台/不定休青森県田舎館村/カラーセラピー・色育・数秘術・オラクルカード・パステルアートなど/スクール・講座・セミナー・個人セッション・グループセッション/講演・団体講座・グループセッション


    -----------------------------------------------
    いつでも安心のセラピー専用スペースで
    皆様のお越しをお待ちしております♪

    -----------------------------------------------

    ご予約・お問合せ

    TEL 080-6042-1138
    ※ お電話でのご予約お問合せは、10時〜17時まで対応しております
    ※ セッションまたはスクール中は対応できない場合がございますので、お手数をおかけしますが、再度ご連絡ください。

    ご予約・お問い合わせフォーム http://www.shizu-ka.net/contact

    携帯 ws-shizuka@ezweb.ne.jp(パソコンメール不可)
    ※ メールは24時間受付しております。48時間以内に返信がない場合は、お手数をおかけしますが、再度ご連絡ください。

    iPhoneImage.png  

     

     

     

     

     

     

    posted by: ワークスペース詩寿華 田村静香 | ▶ LIFE 〜気づき〜 | 18:53 | comments(0) | - |
    コメント